平成27年度における地域商業自立促進事業の第3次募集が開始されました。

この補助金は、簡単に言うと商店街などを基盤として、商店街組織が単独または商店街組織がまちづくり会社等の民間企業や特定非営利活動法人等と連携して行う取組を支援するものです。具体的には対象となる5つの分野があり、地域資源活用、外国人対応、少子・高齢化対応、創業支援、地域交流といった公共性の高い分野の取組みを支援するものです。

この補助金の概要は下記のとおりとなります。(中小企業庁サイトから抜粋)

〔補助対象事業者〕
○商店街組織
(1)商店街振興組合、事業協同組合等において組織される法人格を持った商店街組織
(2)法人化されていない任意の商店街組織であって、規約等により代表者の定めがあり、財産の管理等を適正に行うことができるもの
・(1)(2)に類する組織
○民間事業者
当該地域のまちづくりや商業活性化、コミュニティ活動の担い手として事業に取り組むことができる者であり、定款等に代表者の定めがあり、
財産の管理等を適正に行うことができる者
〔補助率〕
2/3 以内
〔補助額〕
(1)自立促進調査分析事業
上限:500万円
下限:100万円
(2)自立促進支援事業
上限額:5億円
下限額:100万円

募集期間が平成27年10月13日(火)~平成27年12月18日(金)となっており、経済産業局に17時に必着となっておりますのでご注意ください。自立支援促進支援事業では、上限額がなんと5億円となっています。

福岡の商店街の方々も対象となる可能性がありますので、ご興味のある方は是非ご確認ください。

福岡の商店街の方々が申請される場合には、窓口は、おそらく九州経済産業局 流通・サービス産業課 商業振興室(所在地:福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎)となるかと思います。