支援事業の概要

物価高騰が続くなか、燃料費なども高騰しており、燃料を使う事業者にとっては、頭の痛い問題になっているかと思います。

福岡市では、そのような燃料費等の高騰で影響を受ける事業者向けの支援事業を行っております。

概要は下記の通りです。詳細は、福岡市の公式ウェブサイトをご覧ください。

 

対象事業者

令和4年4月から9月までの燃料費及び光熱費の使用量(事業用)から算定する価格高騰の影響額が10万円以上の市内中小企業者等(個人事業主含む)

 

支援内容

令和4年4月から9月までに、事業用として使用した燃料費及び光熱費について、20万円を上限に価格高騰の影響額の2分の1を支援します。

 

支援額の算出方法

支援対象経費ごとに設定した上昇単価に、それぞれの使用量を乗じて価格高騰分を算出し、その合計額(価格高騰の影響額)を2分の1した額、上限20万円が支援金額。

 

詳細は、下記を参照ください。

https://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/policy_mng/business/nenryouhi_koutou_shien.html

 

福岡県内のその他の自治体支援

福岡県においては、福岡市以外の多くの自治体で支援制度を設けています。

一例をあげると、筑紫野市では、下記の通り、運送事業者等への支援金制度があり、北九州市では、トラック運送事業者向けに、高速道路の利用料金の支援を行っています。

 

【筑紫野市・運送事業者等支援金】

https://www.city.chikushino.fukuoka.jp/soshiki/3/24280.html

 

【北九州市内トラック運送事業者向けに北九州都市高速道路の利用料金を支援】

https://www.city.kitakyushu.lg.jp/san-kei/341_00012.html

https://fukuoka-startup.com/wp-content/uploads/2022/12/4f945c609edae874a8646d979ca359a0-1024x642.jpghttps://fukuoka-startup.com/wp-content/uploads/2022/12/4f945c609edae874a8646d979ca359a0-150x150.jpg宮川公認会計士事務所北九州市福岡市個人事業主,筑紫野市,運送業支援事業の概要 物価高騰が続くなか、燃料費なども高騰しており、燃料を使う事業者にとっては、頭の痛い問題になっているかと思います。 福岡市では、そのような燃料費等の高騰で影響を受ける事業者向けの支援事業を行っております。 概要は下記の通りです。詳細は、福岡市の公式ウェブサイトをご覧ください。   対象事業者 令和4年4月から9月までの燃料費及び光熱費の使用量(事業用)から算定する価格高騰の影響額が10万円以上の市内中小企業者等(個人事業主含む)   支援内容 令和4年4月から9月までに、事業用として使用した燃料費及び光熱費について、20万円を上限に価格高騰の影響額の2分の1を支援します。   支援額の算出方法 支援対象経費ごとに設定した上昇単価に、それぞれの使用量を乗じて価格高騰分を算出し、その合計額(価格高騰の影響額)を2分の1した額、上限20万円が支援金額。   詳細は、下記を参照ください。 https://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/policy_mng/business/nenryouhi_koutou_shien.html   福岡県内のその他の自治体支援 福岡県においては、福岡市以外の多くの自治体で支援制度を設けています。 一例をあげると、筑紫野市では、下記の通り、運送事業者等への支援金制度があり、北九州市では、トラック運送事業者向けに、高速道路の利用料金の支援を行っています。   【筑紫野市・運送事業者等支援金】 https://www.city.chikushino.fukuoka.jp/soshiki/3/24280.html   【北九州市内トラック運送事業者向けに北九州都市高速道路の利用料金を支援】 https://www.city.kitakyushu.lg.jp/san-kei/341_00012.html福岡で補助金・助成金・融資をうまく活用するためのご支援をいたします。