経営革新計画の作成

経営革新

経営革新計画とは、これから新たにチャレンジしたい事業等について計画書に作成し、「経営革新計画」として承認されると、各種サポートを受けられるものです。

福岡県では、令和2年3月末時点で7千社弱の中小企業が、経営革新計画の承認を受けています。

 

申請の要件

福岡県の場合、経営革新計画の承認を得るには、下記の要件が必要となります。

中小企業等経営強化法第2条に規定する中小企業者

経営革新計画は、中小企業のためのものですので、法律の定義に合致する中小企業であることが求められます。

(出典「令和2年分経営革新計画申請の手引き」より抜粋)

 

直近1年(少なくとも6ヵ月以上)の事業実績が必要(決算・税務申告が必要)

少なくとも1年程度の事業実績が認めらる企業でないといけません。よって、創業したばかりの企業などは対象外となります。

 

所在地が福岡県

法人の場合、登記上の本店所在地が福岡県内に置いておくことが求められます。また、個人事業主は、福岡県内に住民登録を行っていることが必要です。

 

経営革新計画に何が必要か

続いて経営革新計画作成にあたって何が必要となるかといった点です。上記で述べた通り、これから新たなチャレンジを行う企業に対する支援制度となりますので、新事業を行うことが求められます。

ここで言う新たな事業について、他の企業においてすでに採用された技術等を活用する場合でも承認の対象となりえますが、既にかなり普及している技術等の導入については対象外となりえます。またただの製造ラインの追加、老朽設備の更新などは、新たな取組みとはならないので注意ください。

具体的な事例としては下記が挙げられます。

事例5つ

 

経営革新計画の承認を受けるメリット

経営革新計画を作成し、福岡県の承認を受けた場合、福岡県信用保証協会による信用保証の特例、日本政策金融公庫による融資等を利用できるメリットがあります。

その他、下記の補助金の支援も可能です。

  • 福岡県ものづくり中小企業新製品開発支援補助金・補助額原則200万円以内(詳細ページ
  • 福岡県中小企業経営革新サービス開発等支援補助金・補助額50万円以内

 

福岡県での申請・承認手続き

福岡の企業の経営革新計画の作成から承認までの手続きの大まかな流れは、下記のページを参照ください。

【福岡県・経営革新計画の申請・承認について】

https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/keiei-kakushin-syounin.html

https://fukuoka-startup.com/wp-content/uploads/2021/02/4f4ae0857badc0b2e557d781a9a8091d.jpeghttps://fukuoka-startup.com/wp-content/uploads/2021/02/4f4ae0857badc0b2e557d781a9a8091d-150x150.jpeg宮川公認会計士事務所支援制度福岡県補助金経営革新経営革新計画の作成 経営革新計画とは、これから新たにチャレンジしたい事業等について計画書に作成し、「経営革新計画」として承認されると、各種サポートを受けられるものです。 福岡県では、令和2年3月末時点で7千社弱の中小企業が、経営革新計画の承認を受けています。   申請の要件 福岡県の場合、経営革新計画の承認を得るには、下記の要件が必要となります。 中小企業等経営強化法第2条に規定する中小企業者 経営革新計画は、中小企業のためのものですので、法律の定義に合致する中小企業であることが求められます。 (出典「令和2年分経営革新計画申請の手引き」より抜粋)   直近1年(少なくとも6ヵ月以上)の事業実績が必要(決算・税務申告が必要) 少なくとも1年程度の事業実績が認めらる企業でないといけません。よって、創業したばかりの企業などは対象外となります。   所在地が福岡県 法人の場合、登記上の本店所在地が福岡県内に置いておくことが求められます。また、個人事業主は、福岡県内に住民登録を行っていることが必要です。   経営革新計画に何が必要か 続いて経営革新計画作成にあたって何が必要となるかといった点です。上記で述べた通り、これから新たなチャレンジを行う企業に対する支援制度となりますので、新事業を行うことが求められます。 ここで言う新たな事業について、他の企業においてすでに採用された技術等を活用する場合でも承認の対象となりえますが、既にかなり普及している技術等の導入については対象外となりえます。またただの製造ラインの追加、老朽設備の更新などは、新たな取組みとはならないので注意ください。 具体的な事例としては下記が挙げられます。   経営革新計画の承認を受けるメリット 経営革新計画を作成し、福岡県の承認を受けた場合、福岡県信用保証協会による信用保証の特例、日本政策金融公庫による融資等を利用できるメリットがあります。 その他、下記の補助金の支援も可能です。 福岡県ものづくり中小企業新製品開発支援補助金・補助額原則200万円以内(詳細ページ) 福岡県中小企業経営革新サービス開発等支援補助金・補助額50万円以内   福岡県での申請・承認手続き 福岡の企業の経営革新計画の作成から承認までの手続きの大まかな流れは、下記のページを参照ください。 【福岡県・経営革新計画の申請・承認について】 https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/keiei-kakushin-syounin.html福岡で補助金・助成金・融資をうまく活用するためのご支援をいたします。