これから創業予定の方は是非チェック

5月8日付で平成29年度予算「創業・事業承継補助金(創業・事業承継支援事業)」の公募に関するプレスリリースが経済産業省・中小企業庁からなされました。

今回の創業補助金は、事業承継補助金とセットで公募されています。

それぞれの補助金の概要は、下記の通りです。

創業補助金

補助対象者は、下記のの2つの条件を満たす方となっています。

  • 平成29年5月8日以降に創業する方で、補助事業期間完了日までに個人開業又は会社・企業組合・協業組合・特定非営利活動法人といった法人設立を行う代表者
  • 事業実施完了日までに、補助対象の事業遂行のために従業員を新たに雇い入れる方

補助率は、創業者が1/2以内となっています。補助上限は、創業者で外部からの資金調達がある場合は200万円であり、ない場合は100万円となっています。

これから創業する予定の方が対象となります。したがって、すでに創業した方は、原則として上記対象条件に該当しないことになりますのでご注意下さい。

 

事業承継補助金

事業承継に関する補助金の方は、上記の創業補助金と異なります。

平成27年4月1日から、補助事業期間完了日(最長平成29年12月31日)までの間に事業承継(代表者の交代)を行った又は行うこと、地域に貢献する中小企業であること、新たな取組を行うことといった条件があります。

 

詳細は、下記の創業・事業承継補助金のウェブサイトの募集要項をご確認下さい。

 

創業補助金のご相談

創業補助金の申請支援のご依頼がありましたら、お問合せフォームからお願いします。