福岡市の賃料補助支援

福岡市では、同市にとって魅力のある事業支援を目的として、外国人が福岡市内で創業するときの住居又は事業所の賃料の一部を補助する賃料補助を募集しています。

補助対象者

このスタートアップ賃料補助の対象者となる方は福岡市において初めて平成28年年4月1日以降に創業し,下記要件を全て満たした外国人が対象となるようです。なお、これには創業予定者も含まれるようです。

 

(1)「経営・管理」の在留資格(スタートアップビザの取得者も事業認定の申請はできますが,補助金申請時は在留資格の更新が必要)を取得していること

(2)福岡市で長期間事業を継続する意思があること

(3)福岡市に居住すること

(4)市税を滞納していないこと

 

福岡市で創業し、腰を据えて事業をされる予定の外国人の方は、この福岡市のスタートアップ賃料補助への申請を検討されてみてはいかがでしょうか。

詳しくは、福岡市の「2017年度 スタートアップ賃料補助の募集について」をご確認ください。補助対象事業、補助対象経費、スケジュールなどの詳細が記載されています。

 

以上、福岡市の外国人向けの創業支援の内容でした。外国人の創業が活発となり、福岡市がますます国際化されていくことが期待されます。

https://fukuoka-startup.com/wp-content/uploads/2017/04/033-1024x683.jpghttps://fukuoka-startup.com/wp-content/uploads/2017/04/033-150x150.jpg宮川公認会計士事務所支援制度福岡市福岡市,補助制度福岡市の賃料補助支援 福岡市では、同市にとって魅力のある事業支援を目的として、外国人が福岡市内で創業するときの住居又は事業所の賃料の一部を補助する賃料補助を募集しています。 補助対象者 このスタートアップ賃料補助の対象者となる方は福岡市において初めて平成28年年4月1日以降に創業し,下記要件を全て満たした外国人が対象となるようです。なお、これには創業予定者も含まれるようです。   (1)「経営・管理」の在留資格(スタートアップビザの取得者も事業認定の申請はできますが,補助金申請時は在留資格の更新が必要)を取得していること (2)福岡市で長期間事業を継続する意思があること (3)福岡市に居住すること (4)市税を滞納していないこと   福岡市で創業し、腰を据えて事業をされる予定の外国人の方は、この福岡市のスタートアップ賃料補助への申請を検討されてみてはいかがでしょうか。 詳しくは、福岡市の「2017年度 スタートアップ賃料補助の募集について」をご確認ください。補助対象事業、補助対象経費、スケジュールなどの詳細が記載されています。   以上、福岡市の外国人向けの創業支援の内容でした。外国人の創業が活発となり、福岡市がますます国際化されていくことが期待されます。福岡で補助金・助成金・融資をうまく活用するためのご支援をいたします。