民泊施設への補助金

福岡県内で民泊施設を運営する事業者様への補助金となります。

民泊での多言語案内・情報発信、新型コロナウイルス感染症対策等の取組みを支援する補助制度です。

 

<補助対象者の条件>
下記の2つの条件を満たす事業者が対象となります。

  • 福岡県内(北九州市及び福岡市を除く)で住宅宿泊事業(民泊)の届出を行っている事業者
  • 新型コロナウイルス感染症対策(消毒設備の設置、宿泊者を把握するための宿泊客名簿への正確な記載等)を講じており、福岡県の「感染防止宣言ステッカー」を掲示している施設

補助額

1宿泊施設につき40万円(補助率2分の1)

 

補助対象経費等については、下記の通りとなっています。

  1. 民泊施設の案内表示、室内設備の利用案内等の多言語対応
  2. 民泊施設のパンフレット、ホームページ等の広報物の多言語対応
  3. タブレット端末等の多言語補助機器の整備
  4. 民泊施設の共用部及び客室内のテレビの国際放送設備の整備
  5. 民泊施設の共用部及び客室内における無料公衆無線LAN環境(Wi-Fi)整備
  6. 非常用電源装置の設置、情報機器への電源供給機器の設置
  7. 新型コロナウイルス感染症対策を目的とした整備(改修工事を伴わないもの)

 

申請期間

2021年10月1日(金)~2021年11月30日(火)

 

詳細については、下記をご確認ください。(福岡市、北九州市以外の福岡県内の市町村)

https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/minnpaku2-hojo.html

 

福岡市、北九州市の事業者については、下記のページとなります。

https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/shukuhaku-hojo-seireishi2.html

https://fukuoka-startup.com/wp-content/uploads/2021/10/4932151_s.jpghttps://fukuoka-startup.com/wp-content/uploads/2021/10/4932151_s-150x150.jpg宮川公認会計士事務所福岡県民泊民泊施設への補助金 福岡県内で民泊施設を運営する事業者様への補助金となります。 民泊での多言語案内・情報発信、新型コロナウイルス感染症対策等の取組みを支援する補助制度です。   <補助対象者の条件> 下記の2つの条件を満たす事業者が対象となります。 福岡県内(北九州市及び福岡市を除く)で住宅宿泊事業(民泊)の届出を行っている事業者 新型コロナウイルス感染症対策(消毒設備の設置、宿泊者を把握するための宿泊客名簿への正確な記載等)を講じており、福岡県の「感染防止宣言ステッカー」を掲示している施設 補助額 1宿泊施設につき40万円(補助率2分の1)   補助対象経費等については、下記の通りとなっています。 民泊施設の案内表示、室内設備の利用案内等の多言語対応 民泊施設のパンフレット、ホームページ等の広報物の多言語対応 タブレット端末等の多言語補助機器の整備 民泊施設の共用部及び客室内のテレビの国際放送設備の整備 民泊施設の共用部及び客室内における無料公衆無線LAN環境(Wi-Fi)整備 非常用電源装置の設置、情報機器への電源供給機器の設置 新型コロナウイルス感染症対策を目的とした整備(改修工事を伴わないもの)   申請期間 2021年10月1日(金)~2021年11月30日(火)   詳細については、下記をご確認ください。(福岡市、北九州市以外の福岡県内の市町村) https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/minnpaku2-hojo.html   福岡市、北九州市の事業者については、下記のページとなります。 https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/shukuhaku-hojo-seireishi2.html福岡で補助金・助成金・融資をうまく活用するためのご支援をいたします。